2017年8月25日 (金)

2017 北海道マラソンの天気(25日版)

25日午後の資料をもとに昨日の記事を補足します。

北から延びる気圧の谷の影響は26日(土)には終わって、27日(日)はにわか雨の心配もなく晴れそう。秋の空気が流れ込んでくるのでベースとなる気温は低めで、カラッとした暑さだが、日差しは強そうなのでアスファルトの路上ではそれなりに暑く(28℃くらい)なる見込み。

風は昨日の予想より弱くなり、西または北西でMax 4-5m/s といったところ。

ほぼ去年並みの天気となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

2017 北海道マラソンの天気

 しばらくお休みしていた北海道マラソンですが、去年から復帰して今シーズンは道マラサブ3への道 3か年計画の2年目。ちなみに1年目の去年は3時間2分32秒でした。まだまだ真夏日でも3時間で走れるだけの力はありませんが、気象条件次第ではひょっとするかもというところまでは来られたかな。

 とにかく暑さに弱い私にとって当日の天気の読みが非常に重要ということで、予報士の経験を生かして当日の予報を分析してみました。
 
8月24日11時札幌管区気象台発表の週間予報によると、27日の札幌の予報は、
 
 晴れ時々曇り 降水確率20% 最低気温16℃ 最高気温26℃ 予報の信頼度A


 
<予報の考え方>
 24日夜に東北北部~北海道南西部あたりにかかる前線帯は、27日朝には関東付近まで南下する予想。北海道付近は、26日~27日朝にかけて上空の寒気を伴う気圧の谷が通過して道北の日本海側を中心に降水が予想されている。今のところこの気圧の谷の影響は小さい見込みで、旭川や稚内の予報も「曇り時々晴れ 降水確率30%」と雨の予報は発表されていない。
 
 今後の予報を考える上でのポイントは、上空の寒気を伴う気圧の谷の影響がどの程度になるかということ。昨日の予報よりはこの影響が出てくる予想となっており、札幌の最高気温の予報も27℃から26℃に下がり、降水確率も10%から20%に上がっている。この気圧の谷の影響が大きくなれば、朝から雨ということもあり得るが、現状では影響は小さくもしかしたら昼頃からにわか雨があるかも程度と考えられる。逆に関東付近まで南下する前線帯が南下せず、北海道の天気に影響を与える可能性は極めて低い。

<ピンポイント解説>

天気は  晴れ(昼頃からにわか雨の可能性もある)

風は   西または北西の風 朝は弱いが日中は7-8m/sくらい吹くかも
      新川通は行きが向かい風、帰りが追い風

気温は  スタート時21℃ 昼25℃

湿度は  低めでカラッとした暑さ


今のところこんな感じですが、場合によっては上記の気圧の谷の影響で朝から雨ということも考えられます。スタート整列時の雨対策も考えて準備した方がよさそうです。
 
注)雨降ってくれたら走りやすいのにな、という希望的観測も入っていることはご容赦を…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011 北海道マラソンの天気

今年も夏を締めくくる北海道マラソンが近づいてきました。レース参加の皆様はそろそろ練習量を絞って,当日の戦略を練っているところでしょうか。

以下,地元気象予報士にいみによる北海道マラソン当日の天気予報の解説です。参考にしてください。

8月23日11時札幌管区気象台発表の週間天気予報では,

 晴れ時々曇り 最高気温28℃ 降水確率10%

となっています。

<予報の考え方>

 28日の天気を考える上でのポイントは,現在,東北地方にかかっている停滞前線の動向。この前線は25日にかけて若干北上して北海道でも雨が降るが,27日には南下し,28日は前線の北側に入って晴れる予想。予想のばらつきも小さいのでほぼ信頼できそう。ただし,停滞前線の動向は予測が難しいので外れることも考えられる。今の予報が外れる場合,前線の北上によって曇りまたは雨になると思われるので,その場合暑さは和らぐ可能性が高い。

<ピンポイント解説>

 天気は 晴れ

 風は 特に強くなく

 気温は 28-29℃ コース上では一部30℃以上

  去年同様暑くなるが,湿度は低めでからっとした暑さ

  日陰での観戦にはちょうど良さそう

  ランナーにとっては日差しと照り返しがきついので暑さ対策をしっかりと。

 前線の動きによっては雨となる可能性もあるので,一応雨対策も考えておくべし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

2010 北海道マラソンの天気 (8月28日午前作成)

引き続き最新の気象データをチェックしていますが,今年の北海道マラソンは暑さを避けられないようです。これから札幌へ向け出発しますので当日の気象情報はこれで最後となります。北海道マラソン参加の皆様,熱中症に気をつけてお互いベスト尽くしましょう!

<29日の午後の札幌の天気>

北西の風 4m/s以下

天気 晴れ

気温 30℃で蒸し暑い アスファルトのコース上では35℃になるところもありそう

参考までに気象庁の予報は 南東の風 くもり昼前晴れ 最高気温29℃ となっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

2010 北海道マラソンの天気 (8月26日午前作成)

前の記事に22日時点の最新データから予想される北海道マラソン当日の天気を書きましたが,その後最新の資料によると,晴れて暑い日になる可能性が高まってきました。

26日午前時点の最新データによると,29日は南から夏の太平洋高気圧が張り出し,暑い空気も入って晴れて暑くなる見込みです。

29日の札幌の天気は 晴れ 最高気温30℃(想定されるMaxは33℃)

からっとした暑さというより蒸し暑い感じになりそうなのでランナーにとっては厳しい気象条件となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

2010 北海道マラソンの天気

今年も北海道マラソンの季節となりました。いよいよスタートまで一週間です。

去年は日差しもない曇り空で気温も20℃程度,湿度も低く,北海道マラソンとしては珍しく走りやすい気象条件でしたが,さてさて今年はどうでしょう。北海道マラソンのホームページ(http://www.hokkaido-marathon.com/)の大会データによると過去23回の全大会のうちスタートの気温が25℃未満だったのは6回,約3割です。しかも,2年連続で25℃未満だったのは,いずれも9月に開催された第1回から第2回のみ。去年涼しかったことを考えると,やはり今年はあつーいレースを覚悟しないとだめなようです。

と,ここまでは過去のデータですが,スーパーコンピューターで計算された最新の気象予測データはどう言っているのでしょう?

今後一週間,北海道付近には梅雨前線の残骸が停滞し,蒸し暑くすっきりしない天気となるでしょう。前線帯の南北の動きは予測が非常に難しいので,今から29日の予測をするのは非常に困難です。

あえて今のデータから予測すると,北海道マラソンの開催される29日の札幌の天気は

40%の確率で 曇り時々晴れ  気温28℃

40%の確率で 曇り時々雨   気温26℃

20%の確率で 晴れ       気温28℃

といったところでしょうか。甘い期待は持たずにしっかり暑さ対策を考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

北海道マラソンの天気

いよいよ北海道マラソンまであと3日となりました。

天気予報というのは3~4日前になると確度が高くなってくるものですが,8月30日の札幌の天気もだいぶ見えてきたようです。

27日11時気象台発表の予報では, 曇り時々晴れ 最高気温24度 降水確率20%となっています。

最新の各種資料を見ると,予想される天気は 晴れ 気温23度 西又は北西の風5m/s未満といったところでしょうか。にわか雨の可能性もだいぶ小さくなったようです(ランナーにとって適度のにわか雨は歓迎ですが…)。秋晴れの気持ちよい天気となりそうで,日差しは多少きついですが,2004年以来5年ぶりに涼しいレースとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

北海道マラソンの天気

いよいよ北海道マラソンまであと1週間となりました。

選手として走る方にとっては天気が気になるところです。例年,この日に限って暑くなるという印象がありますが,今年はどうなるのでしょうか。

今日(8月23日),気象台から発表された週間予報によると,8月30日の札幌の天気は曇り時々晴れ,最高気温26℃,降水確率20%となっています。

天気予報の元になる専門的な資料を見てみると,予測の不確実性が大きく,現時点では「どうなるかわからん」というのが率直なところでしょう。ピンポイントの予報に翻訳すると,晴れ一時にわか雨,最高気温24℃といったところでしょうか。ただし,予測の不確実性が大きく,場合によっては雨が降ったり止んだりで気温も20℃以下という絶好のマラソン日和になる可能性もありそうです。風はそれほど強くなる恐れは小さく,西または南西の風が5m/s程度までに収まりそう。

さてさて,今のところ今年は久々に涼しいレースになりそうな気配もありますが,どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

倶知安・ニセコのランニング事情

これまでランニングの話題はこのブログには書いてなかったのですが,実は7年くらい前からスキーのトレーニングのために本格的に走るようになりまして,2000年10月のハーフマラソンを皮切りに年に数回程度ハーフマラソンやフルマラソンの大会に出ています。いまやスキーに乗ってるより走っている時間の方が圧倒的に多くなってしまいました。

ランの練習と大会の記録はマラソンWeb練習日記に「にいみ」の名で書いてますので興味のある方はご覧ください。

さて,ヒデさんから「倶知安のランニング事情」について質問がありましたので私の知っている範囲でお答えします。

倶知安・ニセコ界隈はランニングコースには非常に恵まれていると思います。東京のように大きな公園や河川敷のサイクリングロードみたいなコースはありませんが,交通量の少ない道はいくらでもありますし,ニセコひらふスキー場周辺はここ数年でずいぶん道が良くなって歩道も整備され走りやすくなっています。そして,なんといっても最高なのは空気がきれいなこと,羊蹄山やニセコアンヌプリなどの雄大な景色,春先には道端に咲くカタクリやエゾエンゴサクなどの可憐な花々,秋には美しい紅葉です。ほんとに走っていて飽きないですし,気持ちよいです。ただし,どんなコースをとってもアップダウンはきついのでそれだけは覚悟しておいてください。それから,12月から3月にかけては道も凍りますし,歩道も雪で埋まってしまうので走れなくなります。もっとも,無理して走らなくても山へ行けば最高のパウダースノーが待っています。

マラソンクラブのようなものがあるのかどうか,私は知りません。走っている方は時々見かけるのでランニングをやってる方は結構おられると思います。スキー・スノーボードやラフティングのガイドの方などはトレーニングとして走っているのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)