« ドイツで飲んだビール達 | トップページ | 初夏のドイツ モーツァルト音楽祭編 »

2011年7月18日 (月)

初夏のドイツ Spagel 編

ドイツの旅から帰ってきて1ヶ月以上過ぎてしまいましたが,忘れないうちに旅の記録を残しておこうと思います。

今回はミュンヘン空港を起点にミュンヘン1泊,ビュルツブルク3泊,フュッセン3泊の旅でした。旅のテーマは旬の味覚シュパーゲルと地ビール,世界遺産で聞くモーツァルト。

ビールについては前の記事で書いたので今回は「旬の味覚シュパーゲル」について。

シュパーゲルというのはホワイトアスパラのことで,この時期ドイツの方には春の訪れを実感する味覚として大変人気があります。街角にもあちこちにシュパーゲルを売ってるワゴンが出ています。日本ではアスパラといえば白より緑の方がよく見かけますが,なぜかドイツでは作るのに手間のかかるホワイトアスパラばかりでグリーンアスパラはあまり見かけませんでした。

P6030132
上の写真はビュルツブルクの街中の広場のお店の様子

中央一番前にシュパーゲルが鎮座してます

レストランでもシュパーゲルのメニューは人気です。

P6030124_3

P6030123_3

ちょっとお値段は高めかなあと感じました。これで15ユーロくらいだったと思います。

ホランダイズという白いクリームソースのようなものをかけて食べるのが定番のようですが,良く知らなくてそのソースを食べそこなってしまいました。でも,スーパーでソースの素を買ってきたので日本に戻ってから楽しんでます。

|

« ドイツで飲んだビール達 | トップページ | 初夏のドイツ モーツァルト音楽祭編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のドイツ Spagel 編:

« ドイツで飲んだビール達 | トップページ | 初夏のドイツ モーツァルト音楽祭編 »