2017年8月25日 (金)

2017 北海道マラソンの天気(25日版)

25日午後の資料をもとに昨日の記事を補足します。

北から延びる気圧の谷の影響は26日(土)には終わって、27日(日)はにわか雨の心配もなく晴れそう。秋の空気が流れ込んでくるのでベースとなる気温は低めで、カラッとした暑さだが、日差しは強そうなのでアスファルトの路上ではそれなりに暑く(28℃くらい)なる見込み。

風は昨日の予想より弱くなり、西または北西でMax 4-5m/s といったところ。

ほぼ去年並みの天気となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

2017 北海道マラソンの天気

 しばらくお休みしていた北海道マラソンですが、去年から復帰して今シーズンは道マラサブ3への道 3か年計画の2年目。ちなみに1年目の去年は3時間2分32秒でした。まだまだ真夏日でも3時間で走れるだけの力はありませんが、気象条件次第ではひょっとするかもというところまでは来られたかな。

 とにかく暑さに弱い私にとって当日の天気の読みが非常に重要ということで、予報士の経験を生かして当日の予報を分析してみました。
 
8月24日11時札幌管区気象台発表の週間予報によると、27日の札幌の予報は、
 
 晴れ時々曇り 降水確率20% 最低気温16℃ 最高気温26℃ 予報の信頼度A


 
<予報の考え方>
 24日夜に東北北部~北海道南西部あたりにかかる前線帯は、27日朝には関東付近まで南下する予想。北海道付近は、26日~27日朝にかけて上空の寒気を伴う気圧の谷が通過して道北の日本海側を中心に降水が予想されている。今のところこの気圧の谷の影響は小さい見込みで、旭川や稚内の予報も「曇り時々晴れ 降水確率30%」と雨の予報は発表されていない。
 
 今後の予報を考える上でのポイントは、上空の寒気を伴う気圧の谷の影響がどの程度になるかということ。昨日の予報よりはこの影響が出てくる予想となっており、札幌の最高気温の予報も27℃から26℃に下がり、降水確率も10%から20%に上がっている。この気圧の谷の影響が大きくなれば、朝から雨ということもあり得るが、現状では影響は小さくもしかしたら昼頃からにわか雨があるかも程度と考えられる。逆に関東付近まで南下する前線帯が南下せず、北海道の天気に影響を与える可能性は極めて低い。

<ピンポイント解説>

天気は  晴れ(昼頃からにわか雨の可能性もある)

風は   西または北西の風 朝は弱いが日中は7-8m/sくらい吹くかも
      新川通は行きが向かい風、帰りが追い風

気温は  スタート時21℃ 昼25℃

湿度は  低めでカラッとした暑さ


今のところこんな感じですが、場合によっては上記の気圧の谷の影響で朝から雨ということも考えられます。スタート整列時の雨対策も考えて準備した方がよさそうです。
 
注)雨降ってくれたら走りやすいのにな、という希望的観測も入っていることはご容赦を…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011 北海道マラソンの天気

今年も夏を締めくくる北海道マラソンが近づいてきました。レース参加の皆様はそろそろ練習量を絞って,当日の戦略を練っているところでしょうか。

以下,地元気象予報士にいみによる北海道マラソン当日の天気予報の解説です。参考にしてください。

8月23日11時札幌管区気象台発表の週間天気予報では,

 晴れ時々曇り 最高気温28℃ 降水確率10%

となっています。

<予報の考え方>

 28日の天気を考える上でのポイントは,現在,東北地方にかかっている停滞前線の動向。この前線は25日にかけて若干北上して北海道でも雨が降るが,27日には南下し,28日は前線の北側に入って晴れる予想。予想のばらつきも小さいのでほぼ信頼できそう。ただし,停滞前線の動向は予測が難しいので外れることも考えられる。今の予報が外れる場合,前線の北上によって曇りまたは雨になると思われるので,その場合暑さは和らぐ可能性が高い。

<ピンポイント解説>

 天気は 晴れ

 風は 特に強くなく

 気温は 28-29℃ コース上では一部30℃以上

  去年同様暑くなるが,湿度は低めでからっとした暑さ

  日陰での観戦にはちょうど良さそう

  ランナーにとっては日差しと照り返しがきついので暑さ対策をしっかりと。

 前線の動きによっては雨となる可能性もあるので,一応雨対策も考えておくべし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

気象予報士にできること その2

その1を書いたのは2007年1月初め。もう4年以上も前になってしまいました。
http://kabayama.air-nifty.com/blog/cat6848763/index.html

 気象予報士の資格を持っていてもすぐに予報を出せるようになるわけではありません。予報をするには必要な設備を整えて,有料のデータもそろえた上で気象庁の許可を取らないといけません。

 民間の気象会社のない地方で小規模だけど地域密着の予報を地元気象予報士が提供する。そんな社会が実現できるように,比較的お金をかけずに始められる気象予報のシステムを作れないか? それを目指して三重県の民間気象会社である有限会社メテオプラネットさんの協力を得て,ようやく形のあるものができようとしています。

 パソコンや携帯から閲覧できる形式で,毎時更新,5km格子の詳細なデータに基づいた予測を見られるように開発中です。この予報をお客様のホームページに張り付けたり,予報に広告を掲載するという形でお役に立てていただき,その対価を頂戴する。そして,気象情報を業務に必要とするお客様には,地元の気象予報士がしっかりとニーズをお聞きしたうえで,独自のカスタマイズをした予報を提供するとともに,必要に応じて直接フォーローする。こういった仕事を通じて,地方で気象予報士が活躍できる社会が実現できれば,台風や大雨,大雪,暴風雪といった災害時には地元の市町村の対策本部に直接入って減災のためのお役に立てるのではないでしょうか。地方に地元気象予報士がいると地域にとって住民の生命・財産を守る上でも非常にメリットが大きいと思います。

 「予報」をするには資金面でまだ越えなければならないハードルがあるのですが,まずはこのブログ上で無料の「天気相談」を始めようと思います。

 ニセコや北海道の天気に関する質問・相談,気象情報をどのように活用すれば良いか? などの質問にこのブログ上でお答えしていこうと思います。この記事へのコメントの形で書き込んでください。なお,コメントはこちらで内容を確認の上,公開していますので書き込んでもすぐには公開されません。もし,公開してほしくないという場合はその旨と連絡先アドレスを書いていただきましたら,直接返信させていただきます。

 また,「地方に地元気象予報士が活躍できる社会を!」という考えに賛同してくださる方がいらっしゃいましたら是非お力をお貸しください。独自の天気予報のスポンサーになってくださる方を募集しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

初夏のドイツ 花々編

初夏といえば花の季節。

フュッセンからのハイキングではいろんな花が咲いてました。特にノイシュヴァンシュタイン城の裏山,テーゲルベルク山頂付近は花の盛りでした。

まずは山麓のシュヴァンゼーで見られた花から。

Sn3o0025_2

Sn3o0026_3

Sn3o0028_3


次にテーゲルベルク山頂付近。テーゲルベルクにはロープウェイがかかっていて歩かずとも山頂に行けるのですが,今回はノイシュヴァンシュタイン城から歩いて登りました。下りはロープウェイを使おうかとも思ったのですが,料金が結構高くてバカらしくなって歩いてしまいました。

Sn3o0046

Sn3o0048

Sn3o0049

Sn3o0050

Sn3o0052

Sn3o0054

Sn3o0055

Sn3o0062

Sn3o0066

テーゲルベルク山頂はまさに絶景のヴューポイント。天気の良い日なら絶対に外せないでしょう。山頂部はハンググライダーの離陸ポイントにもなっており,こんなところから飛び出すのはさぞや爽快だろうなあ,と見物しておりました。

Sn3o0058
テーゲルベルク山頂からの景色

Sn3o0060
ハンググライダーの出発点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

初夏のドイツ フュッセン編

フュッセンといえばかの有名なノイシュヴァンシュタイン城の近くにある町です。

日本人のツアーではこの町のホテルに泊まることも多いようですが,たぶんほとんどが城の観光とヴィース教会あたりを訪れてはいさようなら,という感じではないかと思います。

でも,ここは何泊かして周辺をハイキングしたり散歩したりのんびり過ごすのが最高です。今回はフュッセンに着いた次の日に城までのハイキング~ノイシュヴァンシュタインの裏山テーゲルベルクまでの登山(ハイキング),その次の日にヴィース教会をバスで訪ねました。

Sn3o0038

これがかの有名なノイシュヴァンシュタイン城

城から山道を少し行ったところにかかっているマリエン橋というつり橋の上から撮っています。観光ガイドなんかで見かける写真はほとんどがこのアングルですね。

Sn3o0043
マリエン橋からさらに山道を登ったところから俯瞰

さらに山道を登っていくと城を見下ろすような感じで見られます。城の周辺には観光客がうじゃうじゃですが,ここまで来ると観光客は姿を消し,たまにすれ違うのはハイカーさんばかりです。

Sn3o0024
シュヴァンゼーの景色

写真の中央にノイシュヴァンシュタイン城が写ってます。午前は逆光になるのでここから城の写真はうまく撮れません。でも,お城のチケットセンターのあるバス停周辺の喧騒がうそのように静かで緑豊かなところです。

Sn3o0027
こちらもシュヴァンゼーの景色

壁紙にしたくなるような美しい景観です。多くの観光客はすぐ近くまで来ていながらこんな素晴らしい景色を見ずに帰ってしまうのかと思うとかわいそうになってしまいます。

Sn3o0007
フュッセンの町を流れるレヒ川

フュッセンの町はレヒ川沿いにあるのですが,川面の色が日本の川とは違っていて絵になります。

Sn3o0022
フュッセンの町並

フュッセンからレヒ川を渡って裏の山に登るとフュッセンの町がきれいに見られます。ここも観光地とは思えない静かなところで裏山の頂上から反対側に降りるとシュヴァンゼーを経てアルプ湖,ノイシュヴァンシュタイン城の登り口のホーエンシュヴァンガウまでハイキング道が続いてます。

Sn3o0037
左がアルプ湖,右奥がシュヴァンゼー,中央がホーエンシュヴァンガウ城

ホーエンシュヴァンガウ城はノイシュヴァンシュタイン城よりも歴史の古いお城。外見は地味ですが,中はノイシュヴァンシュタインにも負けてません。

Sn3o0033
ホーエンシュヴァンガウ城から見るノイシュヴァンシュタイン城

Sn3o0088
ヴィース教会

フュッセンからはバスで1時間近くかかる。世界遺産に登録されている奇跡の伝説で有名な教会。日曜にはミサやイベントがあることが多いみたいなのでそんな時に訪れるとなお良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

初夏のドイツ ミルテンベルクとバンベルク編

ビュルツブルクを起点にミルテンベルクとバンベルクに日帰り旅行をしてきました。

バンベルクは旧市街が世界遺産にも登録されている美しい街です。時間があればゆっくり滞在して見物したいところですが,今回はラオホビアのためだけに駆け足で訪れました。

Pap_0001
レグニッツ川の中の島にかかる橋から小ヴェネツィア地区を望む
この橋を越えると旧市街。

P6030146
ラオホビア(燻製ビール)で有名なシュレンケルラ
夏場は店の裏庭がビアガーデンになってます。

ミルテンベルクはマイン川沿いにある小さいけどとっても美しい街です。日本ではあまり観光地としてメジャーではないですが,その分ドイツらしさをじっくり堪能できます。ここの地ビールFAUSTは私の一番のお気に入りです。店で飲んでも都会と違ってずっとリーズナブルに楽しめます。

P6030137
ミルテンベルクのマルクト広場

Pap_0004
ミルテンベルクの裏山からマイン川を望む


201011_zumriesen_2
お気に入りの Gasthaus zum Riesen
今回写真撮り忘れたので,この写真は前回冬に訪れた時のものです。

P6030140
この日の日替わりメニューです

P6030142
2杯目のビール 最高にうまかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

初夏のドイツ モーツァルト音楽祭編

今回の旅の目的の一つが世界遺産で聞くモーツァルト。

フランクフルトから北へICE(ドイツ版新幹線)で約1時間の場所にあるビュルツブルクはぶどう畑が広がるフランケンワインの中心地。この街は世界遺産に登録されているレジデンツでも有名だが,毎年初夏のもっとも気候の良い時期にモーツァルト音楽祭が催されている。この音楽祭では世界遺産のレジデンツの中でコンサートが開かれる。

P6030127
コンサートの休憩時間

レジデンツの中庭でビールやワインを片手に談笑。なんと優雅な…

P6030128
階段の間から外を眺めるとマリエンベルク要塞も見える

これで21時過ぎの写真。サマータイムとはいえ,なんとも日が長い。


Pap_0005
アルテ・マイン橋からのマリエンベルク要塞

やっぱりビュルツブルクではここが一番のビュースポット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

初夏のドイツ Spagel 編

ドイツの旅から帰ってきて1ヶ月以上過ぎてしまいましたが,忘れないうちに旅の記録を残しておこうと思います。

今回はミュンヘン空港を起点にミュンヘン1泊,ビュルツブルク3泊,フュッセン3泊の旅でした。旅のテーマは旬の味覚シュパーゲルと地ビール,世界遺産で聞くモーツァルト。

ビールについては前の記事で書いたので今回は「旬の味覚シュパーゲル」について。

シュパーゲルというのはホワイトアスパラのことで,この時期ドイツの方には春の訪れを実感する味覚として大変人気があります。街角にもあちこちにシュパーゲルを売ってるワゴンが出ています。日本ではアスパラといえば白より緑の方がよく見かけますが,なぜかドイツでは作るのに手間のかかるホワイトアスパラばかりでグリーンアスパラはあまり見かけませんでした。

P6030132
上の写真はビュルツブルクの街中の広場のお店の様子

中央一番前にシュパーゲルが鎮座してます

レストランでもシュパーゲルのメニューは人気です。

P6030124_3

P6030123_3

ちょっとお値段は高めかなあと感じました。これで15ユーロくらいだったと思います。

ホランダイズという白いクリームソースのようなものをかけて食べるのが定番のようですが,良く知らなくてそのソースを食べそこなってしまいました。でも,スーパーでソースの素を買ってきたので日本に戻ってから楽しんでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

ドイツで飲んだビール達

ドイツと言えばビール。やっぱ旅の目的はこれでしょう。冬は寒くて外でビールを飲む気はしませんが,今の時期なら最高です。この前,ドイツに行ったときに飲んだビール達です。他にも写真に残さなかったのもありますが…。

P6010075

ミュンヘンのビアホール Augustiner

ミュンヘンにしてはリーズナブルなお値段でおすすめの店。

今回の旅の一杯目,待ち切れずに写真に収める前に口をつけてしまった(笑)。

P6010078

ビュルツブルクの Alte Mainmuehle

アルテ・マイン橋のたもとにある雰囲気の良いお店。

ドイツフランケンワインの本場だけどビールもなかなか。

P6020107

ライン川下りの船上にて

P6030139_3


P6030142_2

ミルテンベルクの Gasthaus zum Riesen にて

ここのビールが一番のお気に入り。昼から2杯も飲んでしまった。

P6030145

バンベルクの Schlenkerla

珍しい燻製ビールの街。ここではこいつが樽から出てきてたったの2.4ユーロ。

夏場は裏庭がビアガーデンになってて気持ち良い。

P6040152

ミュンヘンの Paulaner im Tal

昼前にミュンヘンに来た時はここで白ソーセージ(WeissWurst)の遅い朝食を食べるのがなぜか自分の旅の定番となってる。

Sn3o0061

ノイシュヴァンシュタイン城近くのテーゲルベルク山頂小屋にて

ロープウェイでいける所なんだけど,歩いて登ったので最高の一杯でした。

Sn3o0085


Sn3o0087

フュッセンの zum Hechten

この日はいっぱい山歩きをしたので夕食に2杯も奮発。

Sn3o0098

ミュンヘンのお店にて

割安な昼食セットメニューと一緒に

Sn3o0102

ミュンヘン空港にて

空港内にも醸造所があるみたいです。

今回は,旅の最終日ミュンヘン&周辺の観光をしてミュンヘン空港から帰国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キロロコブ選手権